合同会社地域資源総合研究所

あぐりんラボLLC(合同会社地域資源総合研究所)は、兵庫県三田市を拠点に農業の六次産業化・就農・定住支援に取り組む農業ベンチャー企業です。

FSN理事長・横田哲治氏の出資金詐欺行為に関して

一般社団法人食の安全を考えるネットワーク(FSN)理事長であり、農政ジャーナリスト横田哲治氏に関する出資金詐欺行為について、元事務局員である私のところに多数の問い合わせを頂戴しておりますので、こちらで回答させていただきます。

 

農政ジャーナリスト横田哲治氏につきましては、宇都宮大学講師などを経て、1977年発刊『牛肉はなぜ高いか-日本の食肉問題』 (サイマル出版会)を処女作として農政ジャーナリストに転進し、以降は1984年発刊『明日の農業を求めて-自立をめざす青年たち』 (NHK出版)、2000年発刊『オーガニック食品のことがわかる本』 (日本実業出版社)、2004年発刊『牛肉が消える!』 (日経BP社)、2006年発刊『天皇の牧場を守れ-鳥インフルエンザとの攻防』 (日経BP社)、2008年発刊『乳がん前立腺がんの死亡者はなぜ増えるのか』 (扶桑社)、2013年発刊『和牛肉の輸出はなぜ増えないのか』(東洋経済新報社)をはじめとして計18冊の著書を持つ、現役のジャーナリストです。

フジテレビ系の『めざましテレビ』、『めざましどようび』、『スーパーニュース』、テレビ朝日系の『ワイド!スクランブル』、TBS系の『イブニング・ファイブ』において、番組コメンテーターとして出演されることも多く、農政ジャーナリストとしては高い知名度を持たれております。

 

その農政ジャーナリスト横田哲治氏(一般社団法人食の安全を考えるネットワーク・理事長)につきまして、2009年4月に任意団体であった『食の安全を考えるネットワーク(FSN)』が『有限責任中間法人・食の安全を考えるネットワーク(FSN)』として法人化するにあたり、三菱東京UFJ銀行に「FSN設立基金」が開設され、FSN会員から出資金を募ることとなりました。

一口一万円で、総額1000万円ほどが集まったと記憶しております。

 

有限責任中間法人・食の安全を考えるネットワーク(FSN)』は活動実態のない団体であり、その後に『一般社団法人食の安全を考えるネットワーク』に組織変更されたとなっていますが、実際に法務局で登記簿を取り寄せたところ、有限責任中間法人から一般社団法人としての登記が行われていませんでした。

また、決算広告も行われておらず、会として活動の実態をつかむことはできません。

 

にもかかわらず、2016年4月現在、『一般社団法人食の安全を考えるネットワーク』を名乗って、『ピカマチス』という唐辛子の種苗販売を行っていることになっています。

※2015年8月28日に、農林水産省に第30414号、横田哲治(東京都板橋区成増1-13-17ソレイユ成増601)の個人名で、品種登録名称:ピカマチス(Capsicum L. )が品種登録されています。

 

以降も、『一般社団法人食の安全を考えるネットワーク』は活動実態が確認できません。一時期は横田哲治氏が「ピカマチス唐辛子の生産・普及を」と別の出資金を集めていたとの情報を入手しております。事務局の運営体制について、女性職員が入職しても横田哲治氏からセクハラまがいの行為を受けて退職するパターンを頻繁に見てきました。横田哲治氏の女子大生へのつきまとい行為も確認されています。

 

2009年4月、法人設立時に集めた出資金について、2014年10月に会員から『活動実体がなく、法人登記も行われていないので出資金を返還してほしい』との要求が行われているにもかかわらず、『一般社団法人食の安全を考えるネットワーク』は事務局が機能していないために返還されない事態となっています。2016年3月、再度横田哲治氏に返還を要求した際、横田哲治氏に電話してもつながらない状態となっています。集めた出資金の総額は、約1000万円とみられます。

有限責任中間法人・食の安全を考えるネットワーク(FSN)』法人化の際は、下記のような役員がいたことがわかっています。いずれもそうそうたる顔ぶれであり、このうち山野晴久氏と能村義廣氏については既に死去しています。

 

理事長:横田哲治(農政ジャーナリストの会、The Japan Agricultu Journalists' Association)

理事:和田光雄(毎日牧場・代表、静岡県駿東郡清水町湯川)

理事:山野晴久(元・キッコーマン広報室長)

理事:能村義廣(元・旭化成取締役、元・旭化成ライフ&リビング 社長)

理事:岡田幹治(元・朝日新聞論説委員、元「週刊金曜日」編集長、ジャーナリスト)

理事:細野康弘(公認会計士、元・中央青山監査法人理事)

理事:内田正己(元・グルメシー代表取締役)

 

 

そのうち、理事の和田光雄氏(毎日牧場・代表)に『出資金はどうなっているか』と問い合わせたところ、『出資金を集めたことは把握している。理事長である横田哲治氏が口座を管理しており、理事長しかお金を動かすことが出来ない』『会員からの返還要求について、横田哲治氏は突っぱねている状態』『私自身も300万円近い出資をしているが、連絡がつかない状態になっており困惑している』との回答を得ています。

 

関係者からは、『横田哲治氏は、2013年以降は書籍の出版もなく、生活に困窮している様子だった。FSN出資金を生活費に当ててしまい、ほとんど出資金を使い切っている可能性が高い』との話も出ています。本人は詐欺行為をしているつもりがなくても、出資金の返還にも応じずに出資者との真摯な話し合いの場を拒否する状況が続いています。そのため、本サイトでは『詐欺未遂行為』であると書かせていただいております。

 

一般社団法人食の安全を考えるネットワーク(FSN)理事長であり、農政ジャーナリスト横田哲治氏は、会員に対してすみやかに出資金の返還要求に応じるように要請します。

兵庫県政150周年記念事業「ひょうごコミュニティビジネスフォーラム -儲かる農業の実践!兵庫の地域資源を生かしてナリワイを創出する-」

兵庫県政150周年記念事業「ひょうごコミュニティビジネスフォーラム -儲かる農業の実践!兵庫の地域資源を生かしてナリワイを創出する-」のご案内です。

都市近郊である兵庫県の強みを生かし、次世代に強い農業・農村を残していくため、「農で1200万円!」著者・西田栄喜先生、猟師・吉原剛史先生をお招きしてコミュニティビジネス実践者の取り組みを学ぶフォーラムを実施します。(兵庫県政150周年記念県民連携事業)

f:id:agrinlabo:20181111195904j:plain

f:id:agrinlabo:20181111195901j:plain

日時:2018年12月2日(日) 14時~17時
料金:1000円(大学生以下500円)
会場:三田市総合文化センター郷の音小ホール(定員350名)

 13:30 開場
 14:00 開会 来賓挨拶
 14:10 地域からの報告(三田市地域おこし協力隊活動報告・竹岡俊介氏)
 14:20 地域からの報告(NPO法人里野山家 副理事長・佐藤英津子氏)
 14:30 吉原剛史先生(鹿工房Los Cazadores代表)講演「地域の困りごと、地域資源を生かした起業で、兵庫を元気にする!」
 15:15 質疑応答
 15:30 休憩
 15:45 西田栄喜先生(菜園生活「風来」代表、「農で1200万円!」著者)講演「小さい農業で稼ぐコツ ~命の時代に向けて~」
 16:45 質疑応答
 17:00 終了、名刺交換会
 18:00 懇親会(任意:4000円、要申し込み)

吉原剛史先生(鹿工房Los Cazadores代表)
東京都足立区出身。オーストラリアの大学を卒業後、大手金融会社に勤務。16年間のオーストラリア在住を経て世界一周の旅へ。3年半をかけ、オートバイで4大陸のべ65か国を巡る。
日本へ帰国後の平成26年4月、兵庫県朝来市地域おこし協力隊として活動を開始。猟師として農作物への被害が著しい鹿の狩猟をはじめ、鹿肉処理・販売施設の開設、移住者や起業者のためのシェアハウスの開設準備などの活動に携わる。
協力隊任期後の平成29年4月より朝来市竹田地域に定住し、「鹿工房Los Cazadores(ロス・カサドーレス)」の経営や、猟師として有害鳥獣の駆除活動に取り組むなど社会起業家として活躍している。
現在は農業・狩猟に加え、宿泊業・観光業・イベント興業など複数の生業を持つことを目標に、移住者の雇用につながる中山間地域ならではの生活モデルの構築を目指している。
西田栄喜先生(菜園生活「風来」代表)
1972年、石川県能美市の農家に生まれる。石川県立小松明峰高等学校、日本大学国際関係学部卒業。
バーテンダー、ビジネスホテルチェーン支配人を経て帰郷し、1999年に知識ゼロから就農・菜園生活「風来」を起業。2013年、無肥料栽培(自然農法)を開始。
約150万円の初期投資、30アールの面積で農業を営み、家族経営で売上1200万円・利益600万円を実現するなど、農村コミュティビジネスの第一人者である。
著書:『「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』ダイヤモンド社(2016年9月)、『小さい農業で稼ぐコツ 加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円 』農山漁村文化協会(2016年2月 )

総合司会:宮永幸則(合同会社地域資源総合研究所・代表社員中小企業庁登録専門家)
1987年、兵庫県加古川市出身。弘前大学農学生命科学部卒業、兵庫県立大学大学院経営研究科修了(経営管理修士MBA)。
JA全農グループ営農指導員、大手コンサルタント勤務を経て、兵庫県に帰郷。現在は、三田市を拠点に農泊推進、農業の六次産業化、農商工連携、特産品開発など、地域資源を生かしたコミュニティビジネスを支援している。
文部科学大臣奨励賞(2回)、JICA理事長賞、毎日農業記録賞中央審査優秀賞(2016年度)、中央審査優良賞(2018年度)など受賞多数。

渓流の里上青野「日曜朝市」開催のお知らせ(上青野営農組合)

報道機関各位
「渓流の里上青野「日曜朝市」開催のお知らせ」

上青野営農組合(所在地:兵庫県三田市上青野、組合長・森元 和夫)は、三田市広野地区地域おこし協力隊ならびに合同会社地域資源総合研究所と連携し、地域の活性化を目的とした「渓流の里上青野・日曜朝市」を2017年6月25日より開始いたします。

■概要説明 
 上青野営農組合では、地域農業の活性化と都市住民との継続的な交流を目的として「渓流の里上青野・日曜朝市」を毎週日曜日9時~商品完売まで、定期開催することとなりました。初回6月25日より、上青野農業倉庫前(感神社、上青野集会所横)にてスタートいたします。
 上青野地域では、獣害や耕作放棄地の増加、買い物難民などの課題を抱えています。三田市地域おこし協力隊の企画・発案により、合同会社地域資源総合研究所・兵庫事務所、上青野営農組合の組合員が中心となって「朝市運営委員会」を組織し、運営を行ってまいります。
 過剰生産となっている家庭菜園の野菜の有効利用を通して、地域に利益を還元する仕組みや車に乗れない高齢者に気軽に買い物を楽しんでもらえる環境を作っていきたいと考えております。
 加えて、都市と農村が融合する三田市において、都市住民(消費者)と農村住民(生産者)の交流を活発化し、相互理解を通してよりよい農産物の生産を実現してまいります。
 開催にあたり、上青野地域の生産者(上青野営農組合員に限定せず、広く生産者を募る)より集荷した「朝どれの地場野菜」を、「1袋100円」で販売いたします。また、大型保冷庫にて通年一定の温度管理で保管している上青野米(コシヒカリ)の予約販売を予定しています。 
 農産物の販売を通して、上青野地域の認知度向上とファンの獲得、ならびに上青野地域の農業所得増をはじめとした農業の活性化を目指し、朝市の開催を通して地域活性化につながるような様々な仕掛けを行ってまいります。

■概要■
実施名称:「渓流の里上青野・日曜朝市」
実施期間:2017年6月25日(日)~11月下旬ごろまで(毎年開催予定)
     毎週日曜日9時から商品完売まで開催します
内容:上青野地域の生産者(上青野営農組合員に限定せず、広く生産者を募る)より集荷した「朝どれの地場野菜」を、「1袋100円」で販売いたします
会場:兵庫県三田市上青野 農業倉庫前(感神社・上青野集会所横)※駐車場あり

■組織概要
商号   : 上青野営農組合 代表者:森元和夫(組合長)
所在地  : 兵庫県三田市上青野509番地
設立   : 2015年8月
事業内容 : 穀物水稲、大豆、小豆、黒豆、小麦、そば)の生産および販売

■本件に関するお問い合わせ先
上青野営農組合 担当者名:森元 和夫  
合同会社地域資源総合研究所 担当者名:太田 雄覚

所在地:兵庫県三田市上青野509番地(上青野営農組合)
TEL:090-8987-9808(上青野営農組合・森元)
050-1454-1505(合同会社地域資源総合研究所・太田)

学生と社長のマッチングサイト「社長紹介」に、合同会社地域資源総合研究所の取り組みを掲載!

学生と社長のマッチングサイト「社長紹介」に、合同会社地域資源総合研究所の取り組みを掲載いただきました!
農業、アグリビジネスコミュニティビジネス(ローカルベンチャー)に興味のある学生さんは、ぜひサイトからメッセージを下さい。インターンシップボラバイト(住み込み型農業研修)のプログラムを用意しております。
卒業論文修士論文で地域おこし協力隊の研究や起業支援について調査をされている学生さんも、お気軽にご相談ください。
https://president.socialstudy.biz/miyanagayukinori/